HOME >> 保護者の方へ
保護者の方へ

AO・推薦入試時代の到来。
これから大学受験はどう変わる?

1990年代に入り、アメリカ発祥のAO入試が日本に導入されて以降、様々な入試形態が急速に普及しました。

文部科学省の調査によると、私立大学におけるAO・推薦入試合格者の割合は今や60%に上ります。もはやAO・推薦入試は少数の「特別な入試 ではなく、多くの受験生にとって合格のチャンスを拡げる選択肢の一つになったといえるでしょう。

今後、大学受験界では一般入試とAO・推薦入試の融合が進みます。受験生の総合的な能力、すなわち、従来の基礎学力に加え、思考力、読解力、文章力、会話力といった能力が試される入試に変わるのです。




AO・推薦入試で「受かる人」と「落ちる人」。
その別れ道とは……?

それに伴い、入試対策も根本的に変化することは自明であり、準備をしっかり行った人と、そうでない人との差は歴然となります。別途費用をかけてでもAO・推薦入試に特化した対策を行う価値は十分にあるといえるでしょう。

では、何を基準に塾を選べば良いのでしょうか?

その答えは「講師の信頼性」です。

□学生のアルバイト講師
□実績のないアマチュア講師
□一度現場を離れた引退講師
□営業兼務のセールス講師

プロ意識の差、指導経験の差、最新情報の差、塾生への情熱の差……これら一つひとつの「差」が合否に直結します。

進路指導の一環として学校の先生がついでに行う対策では正直、歯が立ちません。塾・予備校の講師であっても全員がAO・推薦入試対策の力量があるとは限りません。

受験を成功させるためには、「誰に教わるか」が極めて大きな意味を持ちます。受験生を圧倒的な統率力で合格まで導ける講師の存在が不可欠なのです。

KOSSUN教育ラボの講師は、全員が現役プロ講師。それもメディアで活躍する業界屈指の精鋭です。AO・推薦入試分野において「最も信頼されている講師」といっても過言ではないでしょう。

さらに、KOSSUN教育ラボでは、そのプロ講師が2名体制(担任、副担任)でたった一人の塾生のために入塾から志望校入学まで一貫して指導にあたります。



ここまで贅沢な指導を行っている塾は他にないと自負しています。KOSSUN教育ラボはどこよりも手厚いサポートで塾生一人ひとりを大切にします。

保護者の方のReal Voice

最後に、多くの塾生の保護者の方からいただいた「推薦の言葉」 を一部抜粋してご紹介します。

娘は約2年間、地元の予備校に通っていましたが、期待した成果を得られず、浪人することに……。失意の中、藁にもすがる思いでKOSSUN教育ラボに入塾しました。
初回の授業を終えて、娘の集中力が見違えるほど上がったのには驚かされました。また、本人が苦手と感じていた面接試験も集中特訓のお陰で自信を持って臨めたようです。学校や大手予備校では個別対応まで手が回りませんが、KOSSUN教育ラボではマンツーマン指導で塾生一人ひとりを大切にしていると強く感じました。 私ども親は娘をただ見守ることしかできませんでしたが、心強い先生と出逢え、専門的な対策を受けさせることができて良かったです。無事に第一志望校に合格できたのも先生の手厚いご指導があったからこそ。本当にありがとうございました。
KOSSUN教育ラボの先生はとても誠実で熱意のある方々です。息子の将来の道筋に対する細かいアドバイスを真摯にご指導いただき、また時には時間のない私に代わって、締め切られたオープンキャンパスに何とか参加できないか、大学へお願いの付き添いまでしてくださいました。
そうしたあり得ないほど親身なサポートのお陰で、周囲からは期待されていなかったにもかかわらず、なんと倍率5倍の難関を突破することができました。小杉先生をはじめ、KOSSUN教育ラボの先生方に出会わなければ、このような結果は生まれなかったと思います。本当に感謝しています。ありがとうございました。

KOSSUN教育ラボでは、保護者の方も参加可能な無料個別相談会を実施しています。ご不明な点はご遠慮なくお尋ねください。
そうした保護者の方に対するサポートも重要なサービスの一部であると考えています。

HOME >> 保護者の方へ
保護者の方へ

AO・推薦入試時代の到来。
これから大学受験はどう変わる?

1990年代に入り、アメリカ発祥のAO入試が日本に導入されて以降、様々な入試形態が急速に普及しました。

文部科学省の調査によると、私立大学におけるAO・推薦入試合格者の割合は今や60%に上ります。もはやAO・推薦入試は少数の「特別な入試 ではなく、多くの受験生にとって合格のチャンスを拡げる選択肢の一つになったといえるでしょう。

今後、大学受験界では一般入試とAO・推薦入試の融合が進みます。受験生の総合的な能力、すなわち、従来の基礎学力に加え、思考力、読解力、文章力、会話力といった能力が試される入試に変わるのです。




AO・推薦入試で「受かる人」と「落ちる人」。
その別れ道とは……?

それに伴い、入試対策も根本的に変化することは自明であり、準備をしっかり行った人と、そうでない人との差は歴然となります。別途費用をかけてでもAO・推薦入試に特化した対策を行う価値は十分にあるといえるでしょう。

では、何を基準に塾を選べば良いのでしょうか?

その答えは「講師の信頼性」です。

□学生のアルバイト講師
□実績のないアマチュア講師
□一度現場を離れた引退講師
□営業兼務のセールス講師

プロ意識の差、指導経験の差、最新情報の差、塾生への情熱の差……これら一つひとつの「差」が合否に直結します。

進路指導の一環として学校の先生がついでに行う対策では正直、歯が立ちません。塾・予備校の講師であっても全員がAO・推薦入試対策の力量があるとは限りません。

受験を成功させるためには、「誰に教わるか」が極めて大きな意味を持ちます。受験生を圧倒的な統率力で合格まで導ける講師の存在が不可欠なのです。

KOSSUN教育ラボの講師は、全員が現役プロ講師。それもメディアで活躍する業界屈指の精鋭です。AO・推薦入試分野において「最も信頼されている講師」といっても過言ではないでしょう。

さらに、KOSSUN教育ラボでは、そのプロ講師が2名体制(担任、副担任)でたった一人の塾生のために入塾から志望校入学まで一貫して指導にあたります。



ここまで贅沢な指導を行っている塾は他にないと自負しています。KOSSUN教育ラボはどこよりも手厚いサポートで塾生一人ひとりを大切にします。

保護者の方のReal Voice

最後に、多くの塾生の保護者の方からいただいた「推薦の言葉」 を一部抜粋してご紹介します。

娘は約2年間、地元の予備校に通っていましたが、期待した成果を得られず、浪人することに……。失意の中、藁にもすがる思いでKOSSUN教育ラボに入塾しました。
初回の授業を終えて、娘の集中力が見違えるほど上がったのには驚かされました。また、本人が苦手と感じていた面接試験も集中特訓のお陰で自信を持って臨めたようです。学校や大手予備校では個別対応まで手が回りませんが、KOSSUN教育ラボではマンツーマン指導で塾生一人ひとりを大切にしていると強く感じました。 私ども親は娘をただ見守ることしかできませんでしたが、心強い先生と出逢え、専門的な対策を受けさせることができて良かったです。無事に第一志望校に合格できたのも先生の手厚いご指導があったからこそ。本当にありがとうございました。
KOSSUN教育ラボの先生はとても誠実で熱意のある方々です。息子の将来の道筋に対する細かいアドバイスを真摯にご指導いただき、また時には時間のない私に代わって、締め切られたオープンキャンパスに何とか参加できないか、大学へお願いの付き添いまでしてくださいました。
そうしたあり得ないほど親身なサポートのお陰で、周囲からは期待されていなかったにもかかわらず、なんと倍率5倍の難関を突破することができました。小杉先生をはじめ、KOSSUN教育ラボの先生方に出会わなければ、このような結果は生まれなかったと思います。本当に感謝しています。ありがとうございました。

KOSSUN教育ラボでは、保護者の方も参加可能な無料個別相談会を実施しています。ご不明な点はご遠慮なくお尋ねください。
そうした保護者の方に対するサポートも重要なサービスの一部であると考えています。