HOME >> よくある質問
よくある質問

【入塾に関するQ&A】
Q:入塾にあたって無料個別相談会への参加は必須ですか?
Q:教室に行けないのですが、無料個別相談会に参加する方法はありますか?
Q:無料個別相談会ではどなたが対応してくれるのですか?
Q:受講料の分割払いはできますか?
Q:通塾指導とSkype指導で料金は変わりますか?
Q:受講料はいつ払えばいいのですか?
Q:入塾手続の流れを教えてください。
Q:入学手続した後すぐに授業を受けられますか?

【受講に関するQ&A】
Q:1コマの時間を教えてください。
Q:振替指導は行っていますか?
Q:添削してもらえる文字数に制限はありますか?
Q:通信添削、メール相談ではどなたが対応してくれるのですか?
Q:仮面浪人しているのですが、大学受験と大学編入受験の併願はできますか?
Q:上記の他、受講にあたってルールはありますか?

【入試に関するQ&A】
Q:AO入試とは何ですか?
Q:選抜方法について教えてください。
Q:入試時期について教えてください。
Q:評定平均値(内申点)が悪いと受かりませんか?
Q:遅刻欠席が多いと受かりませんか?
Q:部活やボランティア経験がないと受かりませんか?
Q:全国大会入賞レベルの活動実績がないと受かりませんか?
【入塾に関するQ&A】
Q:入塾にあたって無料個別相談会への参加は必須ですか?
A:入塾希望者につきましては、無料個別相談会への参加が必須です。ただし、無料個別相談会は参加したからといって、必ず入塾しなければならないものではありません。無料個別相談会は受験生の「問題解決の場」であり、あなたとKOSSUN教育ラボをつなぐ「出会いの場」です。是非、お気軽にご参加ください。
Q:教室に行けないのですが、無料個別相談会に参加する方法はありますか?
A:教室にお越しいただけない方には、Skypeによる無料個別相談会を実施しております。海外、地方在住の方や多忙な社会人の方にはおすすめです。
Q:無料個別相談会ではどなたが対応してくれるのですか?
A:代表の小杉をはじめ、KOSSUN教育ラボのプロ講師陣が完全マンツーマンでご相談を承ります。是非、お気軽にご参加ください。
Q:受講料の分割払いはできますか?
A:原則的に「一括払い」となります。何卒、ご了承ください。
Q:通塾指導とSkype指導で料金は変わりますか?
A:通塾指導とSkype指導の料金は変わりません。
Q:受講料はいつ払えばいいのですか?
A:入塾手続き後、受講料をお振込みいただきます。入塾手続き後、即日〜3日程度で請求書をメールにてお送りします。お支払い期日は、入塾手続き後、5日間となります。
Q:入塾手続の流れを教えてください。
A:入塾希望者には契約書をご提出いただきます。契約書は無料個別相談会の際にお渡し致します。(Skype参加の場合はメールにてお送り致します。) 契約後、5日間以内に指定銀行口座に受講料をご入金ください。ご入金後、正式に入塾手続き完了となります。詳しくは、受講の流れをご覧ください。
Q:入学手続した後すぐに授業を受けられますか?
A:入塾手続きが完了し、正式に入塾された当日から受講していただくことが可能です。ただし、ゼロから対策を開始する塾生の場合、ワークシートから取り組んでいただくため、時間に余裕を持って手続きしていただくことをおすすめ致します。
【受講に関するQ&A】
Q:1コマの時間を教えてください。
A:1コマ50分です。
Q:振替指導は行っていますか?
A:個別指導の欠席者には振替指導を行っています。万が一、都合が悪くなった場合は、7日前までにご連絡ください。振替指導のスケジュールをお伺い致します。ただし、原則、指導直前のキャンセルはご遠慮ください。
Q:添削してもらえる文字数に制限はありますか?
A:添削の文字数制限はございません。納得のいく出願書類が完成するまで、追加料金なしで無制限に添削します。
Q:通信添削、メール相談ではどなたが対応してくれるのですか?
A:あなたの合格プロジェクトを担当するプロ講師陣が責任を持って対応します。
Q:仮面浪人しているのですが、大学受験と大学編入受験の併願はできますか?
A:大学受験と大学編入受験を併願して対策を行うことは可能です。その場合も料金は一律価格です。
Q:上記の他、受講にあたってルールはありますか?
A:KOSSUN教育ラボでは、教育理念とこだわりを定めています。詳しくは教育理念&こだわりをご覧ください。
【入試に関するQ&A】
Q:AO入試とは何ですか?
A:AO入試とは、「アドミッション・オフィス入試」の略で、基礎学力をはじめ、受験生を多角的な視点から総合的に審査するアメリカ発祥の入試形態です。日本では1990年代に慶應義塾大学SFCの総合政策学部、環境情報学部で導入されました。
Q:選抜方法について教えてください。
A:大学によって大きく異なりますが、一次審査で志望理由書、自己推薦書、活動報告書、自由記述等による「書類審査」を行い、二次審査で「小論文審査」「面接審査」「プレゼンテーション審査」「グループディスカッション審査」等が行われる場合があります。
Q:入試時期について教えてください。
A:大学によって異なりますが、AO入試は8月頃から選考が始まるところが多いです。推薦入試は種類にもよりますが、11月頃か選考が始まるところが多いです。いずれにせよ、年内に合否が決まることがほとんどですので、その分、一般入試よりも早めに対策を始める必要があります。
Q:評定平均値(内申点)が悪いと受かりませんか?
A:出願資格を満たしていれば、合格の可能性はあります。ただし、AO入試はあくまでも「総合評価」であり、評定平均値(内申点)も評価の一つです。評定平均値(内申点)が悪いという理由だけで不合格になることはありませんが、それ自体は有利には働きません。特に、特定の科目が著しく悪い場合は、面接でも質問される可能性が高いため、理由をきちんと説明できるようにしておくことが大切です。
Q:遅刻欠席が多いと受かりませんか?
A:出願資格を満たしていれば、合格の可能性はあります。事実、KOSSUN教育ラボでも120日程度、遅刻欠席のある塾生が無事に第一志望校合格を勝ち取ったケースがあります。ただし、AO入試はあくまでも「総合評価」であり、遅刻欠席日数も評価の一つです。遅刻欠席が多いという理由だけで不合格になることはありませんが、それ自体は有利には働きません。極端に遅刻欠席が多い場合は、面接でも質問される可能性が高いため、理由をきちんと説明できるようにしておくことが大切です。
Q:部活やボランティア経験がないと受かりませんか?
A:出願資格を満たしていれば、部活やボランティア経験がなくても、合格の可能性はあります。AO入試はあくまでも「総合評価」であり、部活やボランティア活動は評価の一つに過ぎません。一方で、活動経験がある場合でも、重要視すべきなのは、参加した「客観的な事実」ではなく、そこから「何を学び、どう成長したか」です。よって、いわゆる、「かけ込みボランティア」は意義があるとはいえません。大学によっては、「学外の活動」よりも「学内の活動」を評価することがありますが、いずれにせよ、原則、一定期間活動していることが求められます。
Q:全国大会入賞レベルの活動実績がないと受かりませんか?
A:AO入試はいわゆる、「一芸入試」ではありません。本来、審査は受験生の将来性や学部への適性を総合的に評価して行われます。よって、出願資格を満たしていれば、必ずしも全国大会入賞経験等は必要ありません。一方で、特筆すべき活動実績がある場合でも、重要視すべきなのは、「客観的な記録」よりも、そこから「何を学び、どう成長したか」です。つまり、努力した過程が大切なのです。



その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

HOME >> よくある質問
よくある質問

【入塾に関するQ&A】
Q:入塾にあたって無料個別相談会への参加は必須ですか?
Q:教室に行けないのですが、無料個別相談会に参加する方法はありますか?
Q:無料個別相談会ではどなたが対応してくれるのですか?
Q:受講料の分割払いはできますか?
Q:通塾指導とSkype指導で料金は変わりますか?
Q:受講料はいつ払えばいいのですか?
Q:入塾手続の流れを教えてください。
Q:入学手続した後すぐに授業を受けられますか?

【受講に関するQ&A】
Q:1コマの時間を教えてください。
Q:振替指導は行っていますか?
Q:添削してもらえる文字数に制限はありますか?
Q:通信添削、メール相談ではどなたが対応してくれるのですか?
Q:仮面浪人しているのですが、大学受験と大学編入受験の併願はできますか?
Q:上記の他、受講にあたってルールはありますか?

【入試に関するQ&A】
Q:AO入試とは何ですか?
Q:選抜方法について教えてください。
Q:入試時期について教えてください。
Q:評定平均値(内申点)が悪いと受かりませんか?
Q:遅刻欠席が多いと受かりませんか?
Q:部活やボランティア経験がないと受かりませんか?
Q:全国大会入賞レベルの活動実績がないと受かりませんか?
【入塾に関するQ&A】
Q:入塾にあたって無料個別相談会への参加は必須ですか?
A:入塾希望者につきましては、無料個別相談会への参加が必須です。ただし、無料個別相談会は参加したからといって、必ず入塾しなければならないものではありません。無料個別相談会は受験生の「問題解決の場」であり、あなたとKOSSUN教育ラボをつなぐ「出会いの場」です。是非、お気軽にご参加ください。
Q:教室に行けないのですが、無料個別相談会に参加する方法はありますか?
A:教室にお越しいただけない方には、Skypeによる無料個別相談会を実施しております。海外、地方在住の方や多忙な社会人の方にはおすすめです。
Q:無料個別相談会ではどなたが対応してくれるのですか?
A:代表の小杉をはじめ、KOSSUN教育ラボのプロ講師陣が完全マンツーマンでご相談を承ります。是非、お気軽にご参加ください。
Q:受講料の分割払いはできますか?
A:原則的に「一括払い」となります。何卒、ご了承ください。
Q:通塾指導とSkype指導で料金は変わりますか?
A:通塾指導とSkype指導の料金は変わりません。
Q:受講料はいつ払えばいいのですか?
A:入塾手続き後、受講料をお振込みいただきます。入塾手続き後、即日〜3日程度で請求書をメールにてお送りします。お支払い期日は、入塾手続き後、5日間となります。
Q:入塾手続の流れを教えてください。
A:入塾希望者には契約書をご提出いただきます。契約書は無料個別相談会の際にお渡し致します。(Skype参加の場合はメールにてお送り致します。) 契約後、5日間以内に指定銀行口座に受講料をご入金ください。ご入金後、正式に入塾手続き完了となります。詳しくは、受講の流れをご覧ください。
Q:入学手続した後すぐに授業を受けられますか?
A:入塾手続きが完了し、正式に入塾された当日から受講していただくことが可能です。ただし、ゼロから対策を開始する塾生の場合、ワークシートから取り組んでいただくため、時間に余裕を持って手続きしていただくことをおすすめ致します。
【受講に関するQ&A】
Q:1コマの時間を教えてください。
A:1コマ40分です。
Q:振替指導は行っていますか?
A:個別指導の欠席者には振替指導を行っています。万が一、都合が悪くなった場合は、7日前までにご連絡ください。振替指導のスケジュールをお伺い致します。ただし、原則、指導直前のキャンセルはご遠慮ください。
Q:添削してもらえる文字数に制限はありますか?
A:添削の文字数制限はございません。納得のいく出願書類が完成するまで、追加料金なしで無制限に添削します。
Q:通信添削、メール相談ではどなたが対応してくれるのですか?
A:あなたの合格プロジェクトを担当するプロ講師陣が責任を持って対応します。
Q:仮面浪人しているのですが、大学受験と大学編入受験の併願はできますか?
A:大学受験と大学編入受験を併願して対策を行うことは可能です。その場合も料金は一律価格です。
Q:上記の他、受講にあたってルールはありますか?
A:KOSSUN教育ラボでは、教育理念とこだわりを定めています。詳しくは教育理念&こだわりをご覧ください。
【入試に関するQ&A】
Q:AO入試とは何ですか?
A:AO入試とは、「アドミッション・オフィス入試」の略で、基礎学力をはじめ、受験生を多角的な視点から総合的に審査するアメリカ発祥の入試形態です。日本では1990年代に慶應義塾大学SFCの総合政策学部、環境情報学部で導入されました。
Q:選抜方法について教えてください。
A:大学によって大きく異なりますが、一次審査で志望理由書、自己推薦書、活動報告書、自由記述等による「書類審査」を行い、二次審査で「小論文審査」「面接審査」「プレゼンテーション審査」「グループディスカッション審査」等が行われる場合があります。
Q:入試時期について教えてください。
A:大学によって異なりますが、AO入試は8月頃から選考が始まるところが多いです。推薦入試は種類にもよりますが、11月頃か選考が始まるところが多いです。いずれにせよ、年内に合否が決まることがほとんどですので、その分、一般入試よりも早めに対策を始める必要があります。
Q:評定平均値(内申点)が悪いと受かりませんか?
A:出願資格を満たしていれば、合格の可能性はあります。ただし、AO入試はあくまでも「総合評価」であり、評定平均値(内申点)も評価の一つです。評定平均値(内申点)が悪いという理由だけで不合格になることはありませんが、それ自体は有利には働きません。特に、特定の科目が著しく悪い場合は、面接でも質問される可能性が高いため、理由をきちんと説明できるようにしておくことが大切です。
Q:遅刻欠席が多いと受かりませんか?
A:出願資格を満たしていれば、合格の可能性はあります。事実、KOSSUN教育ラボでも120日程度、遅刻欠席のある塾生が無事に第一志望校合格を勝ち取ったケースがあります。ただし、AO入試はあくまでも「総合評価」であり、遅刻欠席日数も評価の一つです。遅刻欠席が多いという理由だけで不合格になることはありませんが、それ自体は有利には働きません。極端に遅刻欠席が多い場合は、面接でも質問される可能性が高いため、理由をきちんと説明できるようにしておくことが大切です。
Q:部活やボランティア経験がないと受かりませんか?
A:出願資格を満たしていれば、部活やボランティア経験がなくても、合格の可能性はあります。AO入試はあくまでも「総合評価」であり、部活やボランティア活動は評価の一つに過ぎません。一方で、活動経験がある場合でも、重要視すべきなのは、参加した「客観的な事実」ではなく、そこから「何を学び、どう成長したか」です。よって、いわゆる、「かけ込みボランティア」は意義があるとはいえません。大学によっては、「学外の活動」よりも「学内の活動」を評価することがありますが、いずれにせよ、原則、一定期間活動していることが求められます。
Q:全国大会入賞レベルの活動実績がないと受かりませんか?
A:AO入試はいわゆる、「一芸入試」ではありません。本来、審査は受験生の将来性や学部への適性を総合的に評価して行われます。よって、出願資格を満たしていれば、必ずしも全国大会入賞経験等は必要ありません。一方で、特筆すべき活動実績がある場合でも、重要視すべきなのは、「客観的な記録」よりも、そこから「何を学び、どう成長したか」です。つまり、努力した過程が大切なのです。


その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。